Zaif(ザイフ)に口座開設する前に知っておきたい口コミ・評判

近年、利便性や投機性から注目を集めているのがビットコインなどの仮想通貨です。

仮想通貨の購入や売却をするのに便利なのが取引所です。

すでに日本では仮想通貨の取引所はたくさんありますが、そのうちの1つがZaif(ザイフ)です。

ここではZaifについてレポートします。

Zaifの口座開設はこちらからどうぞ
↓   ↓   ↓

ホリエモンも応援する仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」

「Zaif(ザイフ)」は、大阪府大阪市西区西本町を拠点とするテックビューロ株式会社が運営する仮想通貨取引所サービスです。

Zaifは2014年7月にビットコインのウォレット(保管)サービスとして開業しましたが、その後、2014年4月から運営していたEtwingsという仮想通貨取引所を買収して、現在のZaifとなりました。

Zaifは、「ホリエモン」こと堀江貴文氏が技術アドバイザーを務めたこともあり、堀江氏が様々な形で協力しているようです。

過去には、堀江氏がテレビ番組でZaifについて言及していました。

Zaifでできることは?

取り扱い通貨

Zaifでは、以下の通貨の取引が行なえます。

ビットコイン
仮想通貨の代名詞的存在。2017年1月10日現在の時価総額は、約1兆6809億円。

NEM(ネム・XEM)
NEMは「New Economy Movement(新しい経済運動)」の略称。金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出を目標としてはじまった仮想通貨で2015年3月31日に公開されました。

モナーコイン(MONA)
日本の巨大掲示板2ちゃんねる発祥の国産仮想通貨。「モナー」とは、2ちゃんねるで愛されているアスキーアートのキャラクターです。013年12月23日公開。

ZAIF
Zaifが発行したオリジナル仮想通貨です。

カウンターパーティー(XCP)
ビットコインのブロックチェーン上に作られた分散型金融プラットフォームで使用される仮想通貨。分散型取引所や独自通貨の発行や賭けなどが実装されています。

ビットクリスタルズ(BCY)
仮想通貨と融合したゲーム「スペルズ・オブ・ジェネシス」の独自通貨。

Storj(ストージ、SJCX)
分散型ファイルストレージサービス Storj(ストージ) で使用される仮想通貨。

フィスココイン(FSCC)
金融情報を配信する株式会社フィスコ発行する仮想通貨。

マイナス取引手数を導入料

Zaifでは取引手数料をボーナスとして受け取れるマイナス手数料を導入しています。

手数料(BTC/JPY):

maker手数料 : -0.01%
taker手数料 : -0.01%

手数料(XEM/JPY):

maker手数料 : 0%
taker手数料 : 0.1%

手数料(XEM/BTC):

maker手数料 : 0%
taker手数料 : 0.1%

手数料(MONA/JPY):

maker手数料 : -0.01%
taker手数料 : -0.01%

手数料(MONA/BTC):

maker手数料 : -0.01%
taker手数料 : -0.01%

※ maker手数料: 板に注文を並べる際の手数料。
※ taker手数料: 並んだ注文を消費する際の手数料。

Zaif信用取引

Zaifでは、信用取引を行えます。

Zaif信用取引は空売りのみでレバレッジは1倍までとなっています。

たとえば、日本円を証拠金として仮想通貨を借り、その仮想通貨を相場で売ることで、相場が下落した場合に、買い戻して利益を上げることができます。

Zaif Payment

手数料無料のビットコイン、モナコイン決済サービス。
商品の購入代金をビットコインやモナコインで代用し、販売者には円が振り込まれます。

Zaifコイン積立

人間が投資をすると、高い時に買って安い時に売ってしまい、結果的に損失を抱える傾向があります。

これを防ぐためには、定期的に1つの資産を買い続ける積立投資が有効です。

「Zaifコイン積立」は、純金積立のように利用者の銀行口座から毎月固定額を自動的に引き落とし、毎日、指定した仮想通貨を買い付ける積立投資です。

Zaifの口座開設はこちらからどうぞ
↓   ↓   ↓

10万円を5日で1億円にする方法、教えます!

取引所に口座開設するだけで3000円、5万円入金で5万円のボーナスがもらえ、5回の取引で10万円を1億円にできる取引所があります。
>> 詳しくはこちらをクリック! <<

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加