TCC(トレードコインクラブ)は危険!詐欺!破綻するので登録してはいけない!

近年、仮想通貨に関連した様々なビジネスが広まっています。

しかし、そのほとんどは詐欺商法ですので注意が必要です。

たとえば、その1つにTrade Coin Club(TCC、トレードコインクラブ)があります。

Google Trendsを利用してTrade Coin Clubの検索回数の推移を調べてみたところ、以下のような結果となりました。

2016年12月から検索回数が急増しています。

TCC、ツイッターでの評判は?

TCCは、ツイッターなどのSNSで広まっているようです。

こんな感じです。

TCCとは何か? 仕組みは?

TCCは、仮想通貨を利用する高利回り投資プログラムです。

プレゼン資料(英語)はこちらです。

プロモーションビデオもあります。

TCCには、以下のようなプランが設定されています。

・Apprentice
最初に0.25~0.99BTCを投資するプラン。投資額に対し1日0.35%の最低配当が保証される。0.015BTCの月会費を徴収される。

・Trader
最初に1~4.99BTCを投資するプラン。1日0.40%の最低配当が保証される。0.03BTCの月会費を徴収される。

・Senior Trader
最初に5BTC以上を投資するプラン。
1日0.45%の最低配当が保証される。0.045BTCの月会費を徴収される。

※ 4ヶ月に1度、収入の4分の1を徴収されます。

投資であるからには、出資金を運用する必要があります。

TCCの場合は、仮想通貨のトレーディングで運用し、それによって上がった収益を配当に回すとしています。

さらにTCCでは、会員をTCCに紹介すると、アフィリエイト報酬を得られます。

基本は紹介した人が投資した金額の10%がアフィリエイト報酬ですが、さらに会員ランクや紹介者の多さ、紹介した会員がさらに会員を紹介すると自分の下にピラミッド構造の集金システムができて爆発的に収入が増えるということになっています。

完全にネットワークビジネスの世界です。

TCCは必ず破綻する

TCCは、必ず破綻するでしょう。

SNSなどで「私はこんなに儲かっている」と証拠まで見せられ、その気になってしまう人もいるかもしれませんが、騙されてはいけません。

TCCのような仮想通貨を利用した高利回り投資プログラム(「HYIP」と呼ばれています)はネット上に山のように横行していますが、これまでそのすべてが破綻してきました。

運営組織が資金の運用を行っておらず、出資金を配当に回しているだけだからです。

組織に入ってくる出資金が会員に支払う配当よりも多ければ組織は存続できますが、出資金よりも配当の方が多くなると、組織にプールしている資金は減ってしまい、最終的には必ず破綻します。

運営側は組織が破綻するまで待つほどお人好しではありません。

ある程度、資金が集まり、組織に入ってくる出資金より配当の方が多くなり、このままではジリ貧になると感じたら、配当の支払いを停止し、サイトも閉鎖されます。

TCCは誰が運営しているかも分かりません、配当の支払いが停止されれれば、会員は泣き寝入りするしかありません。

警察に相談しても相手にされないでしょう。

運営が始まってしばらくは配当が出ますので、「儲かる」と錯覚する人もいるでしょうが、いつまで続くかは分かりません。

できたと思ったら、すぐに潰れるHYIPも少なくありません。

どれが優良なHYIPか、いつまで続くかは、見分けがつかないのです。

昔、日本でも流行った天下一家の会や円天詐欺などと、ほとんど同じです。

一部の人は儲かるかもしれませんが、ほとんどの会員は被害者になります。

遅く初めた人ほど被害を被ります。

最初からこうした怪しい投資話には近づくべきではありません。

10万円を5日で1億円にする方法、教えます!

取引所に口座開設するだけで3000円、5万円入金で5万円のボーナスがもらえ、5回の取引で10万円を1億円にできる取引所があります。
>> 詳しくはこちらをクリック! <<

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加