AirBit Club(エアービットクラブ)は破綻確実の詐欺!登録してはいけません!

近年、ビットコインを始めとする仮想通貨が利便性や投機性から注目を集めていますが、仮想通貨に関連した詐欺商法が広がっているので注意が必要です。

そうした詐欺商法の1つが「AirBit Club(エアービットクラブ、エアビットクラブ)」です。

ツイッターでもエアービットクラブについての投稿が盛んに行われています。

ツイッターではエアービットクラブについて「登録すれば、すぐに儲かる」という煽り文句が溢れていますが、果たしてそんなうまい話があるでしょうか?

AirBit Club(エアービットクラブ)とは何か?

エアービットクラブとは何なのでしょうか?

エアービットクラブの公式サイトはこちらです。

ただし、すべて英語です。

一方でエアービットクラブの代理店らしきビットポートフォリオの公式サイトに日本語の説明がありました。

エアービットクラブは、2015年にパナマで設立された投資会社とされます。

出資金はビットコインなどの仮想通貨を世界中から集め、それを運用し、配当に回しているそうです。

2017年1月現在の会員数は19万9687人で、ブラジルやアメリカ、コロンビアの順番で会員が多く、最近は、韓国やベトナム、中国の会員が増えており、満を持して日本に上陸してきたようです。

さらに2020年までに会員数を100万人にするという目標を立てています。

エアービットクラブはどうやって利益を出すのか?

投資会社であれば配当を生み出すための運用が必要です。

エアービットクラブの主張によれば、配当の原資は仮想通貨のトレーディングとマイニング(掘削)とのことです。

ビットポートフォリオの説明によれば、エアービットクラブのトレーディングは仮想通貨のアービトラージ(Arbitrage)で資金を運用しているそうです。

アービトラージとは、同じ価値を持つ商品の価格差を利用して、利ザヤを稼ぐ取引のことです。

仮想通貨の取引所は世界中に存在しますが、同じ仮想通貨でも、その価格は取引所によってわずかに異なります。

Bitcoin相場.comというサイトで日本の各仮想通貨取引所におけるビットコインの価格をリアルタイムで掲載しています。

これをみると、krakenでビットコインを11万5110円で買い、bitFlyerで12万1100円で売れば、5990円の利ざやが稼げることになります。

ビットコインの相場は常に動いていますし、注文が通るかどうかも確実ではないので現実にアービトラージをするのは大変ですが、自動売買プログラムを利用してアービトラージに取り組んでいるトレーダーは少なくありません。

実際、大手仮想通貨取引所の関係者によれば、利益を出しているトレーダーの多くがアービトラージ取引だそうです。

エアービットクラブでは、全世界の35ヶ所でAI(人工知能)を駆使して自動売買を行い、1日に約4500回のトレードを実施し、1年3ヶ月で約200億円の売上を得たと主張しています。

エアービットクラブは稼げるのか?

では、エアービットクラブは実際に稼げるのでしょうか?

エアービットクラブが用意しているプランは、以下の3つです。

EXECUTIVE PACKAGE
投資金額250$
配当として1~3ドルを150日間、受け取れるとのこと。

CORPORATE PACKAGE
投資金額500$
配当として3~6ドルを225日間、受け取れるとのこと。

PRO PACKAGE
投資金額1,000$
配当として6~7ドルを300日間、受け取れるとのこと。

報酬は投資額の約0.2%~1.2%が月曜日から金曜日まで支払われます。

最近の実績では、EXECUTIVE PACKAGEで1日あたり1~3ドル、CORPORATE PACKAGEで1日あたり3~6ドル、PRO PACKAGEで1日あたり4~12ドルとのことです。

ほとんど利息の付かない日本の銀行預金などと比べると、とんでもなく利回りのいい投資商品のようにも思えます。

しかし、そこには落とし穴があります。

破綻確実のポンジースキーム

仮想通貨に関連したこのような投資ビジネスは、これまでにもたくさんありました。

エアービットクラブもそのうちの1つに過ぎません。

エアービットクラブのような投資案件は、英語圏では「HYIP(High Yield Investment Program)」と呼ばれています。日本語に訳すと、「高利回り投資プログラム」です。

HYIPでは、常識では考えられない高利回りを約束していますが、そのすべてが破綻します。

HYIPでは、資金を運用していると称していますが、実際のところは運用をしていません。

預かった資金は、何とそのまま配当に回すのです。

このスキームは参加者が増え、支払う配当より入ってくる出資金の方が多ければ回りますが、入ってくる出資金が支払う配当より少ない状態が続くと、最後には運営母体でプールしている資金が底をつき、破綻します。

日本ではこれをネズミ講と呼んでいますが、海外ではポンジースキームといいます。

最近では、ビットリージョンというHYIPがSNSを中心に話題を集めましたが、結局、破綻し、多くの被害者を生み出しました。

エアービットクラブもいずれは破綻します。

エアービットクラブの公式サイトをよく見てください。

エアービットクラブの公式サイトはこちらです。

どこにも運営会社名が記載されていません。

被害に遭ったとしても、警察も対応してくれないでしょう。

では、ビットコインで儲ける方法は?

世の中、そんなにうまい話が転がっていることはありません。

しかし、ビットコインは将来、有望な投資対象です。

ビットコインは、従来の通貨にはない、低コストで国境をまたいで瞬時に送金できるという特長があり、世界中で利用が進んでいますが、事実上、偽造が不可能であり、流通量に限界があるため、投資商品としての魅力もあります。

ビットコインが注目されてから、わずか数年ですが、この間、大きく相場価格は値上がりしました。

この傾向は今後も続くでしょう。

ビットコインを購入して、寝かせておけば、数年後には10倍になるのも夢ではありません。

また、ビットコイン相場には株や為替のように機関投資家が参入していないため、初心者にもチャートが読みやすいという特徴がありますのでトレード対象としても魅力的です。

ビットコインに興味を持たれた方は、まずはビットコインの取引所で口座を開設してみましょう。

ビットコインの取引所はいくつもありますが、おすすめはコインチェックです。

コインチェックについてはこちらの記事を参考にして下さい。

コインチェック(coincheck)の口座開設をする前に知っておきたい評判・口コミ
ビットコインなどの仮想通貨の取引所はいくつもありますが、その1つに「コインチェック(coincheck)」があります。 コインチェックの口...

また、ビットコインの積立投資もおすすめです。

ビットコインの積立とは、純金積立のように毎月、定額の資金でビットコインを購入する投資首相です。

投資をしていると、どうしても相場が過熱し、価格が高くなっているときに買いを入れてしまい、高値づかみする危険性がありますが、積立投資であれば、毎月、自動的にビットコインを購入するのでビットコイン相場が長期で上がり続けていれば確実に利益を積み上げることが可能です。

ビットコインの積立投資は、仮想通貨取引所のZaifで受け付けています。

Zaifについてはこちらの記事を参考にしてください。

Zaif(ザイフ)に口座開設する前に知っておきたい口コミ・評判
近年、利便性や投機性から注目を集めているのがビットコインなどの仮想通貨です。 仮想通貨の購入や売却をするのに便利なのが取引所です。 ...

拡散、コメント希望

エアービットクラブについて、ご意見、ご感想があれば、このページの下の方にあるフォームからコメントをください。

また、被害者を増やさないためにも、SNS等でこのページを拡散してください。

10万円を5日で1億円にする方法、教えます!

取引所に口座開設するだけで3000円、5万円入金で5万円のボーナスがもらえ、5回の取引で10万円を1億円にできる取引所があります。
>> 詳しくはこちらをクリック! <<

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加